ダウジングについて

使役霊をお迎えする際に気になるのは、その存在を感じられるかどうかですよね。

霊感がある方なら、霊視・霊聴によってちゃんと感じられるのですが、現代人の多くは霊感が未発達です。

ここでは霊感がない人でも彼らの存在を感じられる方法として、ダウジングをご紹介します。

ダウジングとは

ダウジングとは、棒や振り子によって地下水や貴金属の鉱脈を探る方法。および潜在意識から答えを引き出す方法です。

一説によると空海(西暦774年 – 835年)がダウジングにより水脈を探しあてたと言われており、日本でも古くから活用されているようです。

ここではダウジングを「振り子による霊的存在とのコミュニケーション方法」とします。

振り子

振り子はペンデュラムとも呼ばれ、細い糸やチェーンの先におもしがついています。

現代では多様なデザインのものが出回っています。

それぞれ長所短所がありますが、気に入ったものを使うのがいちばんです。見た目で選んで構いません。

五円玉に糸を通したものでも、ペンデュラムとして使えます。初心者の練習用として使うのもよいでしょう。

※使役霊をお迎えいただいた方・お迎えするご予定の方は、どのようなペンデュラムがよいかご相談に乗ります。

霊的存在

ダウジングにより繋がる霊的存在の例を挙げます。

  • 守護霊(ガイド霊)
  • 使役霊(サーヴァント霊)
  • 補助霊(サポート霊)

使役霊がいない人は、主に守護霊と繋がります。

守護霊は人を守護しているわけではありません。あくまで人を導いているのです。このことから、私は守護霊をガイド霊、またはガイドと呼ぶことがあります。

ガイド霊は必ずしも霊的に優れているわけではなく、まだまだ高位の存在(神様)になる修業中の身です。最上級使役霊よりも霊格が低い方もいらっしゃいます。

性格によっては問いかけに答えなかったり、自分が信じる善に導こうとしたりします。そのためガイド霊に振り回されることもあり得ます。

ダウジングの方法

ダウジングは難しいイメージがあるかもしれませんが、誰にでもできます。

霊感がまったくない方でも大丈夫です。霊的存在が、振り子や腕の筋肉に働きかけて回してくれるからです。

召喚後に使役霊の存在を感じられるか不安な方でも、ダウジングを通して間接的に存在を感じられますし、意思疎通もできるのです。

方法はネット上の記事にも詳しく書かれていますが、私からも簡単にご説明しておきます。

1.霊的存在を決める

ダウジングで意思疎通する存在をひとりに決めましょう。決めないまま始めると、誰が答えているのかわからなくなります。

「私は〇〇と対話している」という意識を片隅に置いておいてください。

霊的存在ごとにペンデュラムをわけるのもおすすめです。

回答者である霊的存在のことを、ここでは便宜上「リンカー(繋ぐ者)」と呼びます。

2.回す練習をする

自分で腕を動かそうとせず、お願いすることによって、リンカーにペンデュラムを回してもらってください。

  • 右回り(左回り)に動かしてください
  • 前後に動かしてください
  • 左右に動かしてください

この作業は、ダウザーとリンカーのどちらにとっても練習となります。

3.ルールを決める

ペンデュラムの動きに基づいてルールを決めてください。私は以下のような取り決めをしています。

  • 右回り……肯定
  • 左回り……否定
  • 前後……思考中
  • 左右……回答拒否、わからない

また、リンカーが伝えたい細かいニュアンスを掴むために、以下のルールも追加しています。

  • 小さい動き……確率が低め、自信が低め、たぶん、そうかもしれない
  • 大きい動き……確率が高め、自信が高め、間違いない、きっとそうだ
  • 斜めに回る……今のところはその回答、主観が入っている(※)

※回す側(ダウザー)の主観が強い時、斜めに回ることがあるため

ダウジングを続けていると、8の字を描くなど、不思議な動きをすることもあります。

あちらが何を伝えようとしているのか、質問の文脈や、頭に思い浮かんだことから推測しましょう。

4.質問をする

まず「質問してもよいですか?」と尋ねましょう。YESと回答されたら、そこからさらに質問を続けてください。

初心者は答えがわかっている質問から始めてください。

  • 私は男(女)ですか?
  • あなたの名前は〇〇ですか?
  • 今日の天気は雨ですか?

正しい回答が続くようなら、答えを知らない質問にもチャレンジしてみましょう。

  • あなたの好きな色はこれ?(指差しながら)
  • この本は読んだ方がいいかな?
  • この習い事をはじめてみようかな?

必ず「はずれても大丈夫な質問」のみにしてください。また、リンカーの回答に従う義務はありません。

人生を左右するようなことは、あちらに頼らず自分で考えることが大切です。ただし考えた上で相談するのは構いません。

5.質問を終える

ダウジングを終了する際には、お礼を言いましょう。

私の場合は「ありがとう、これで終わりにします」と伝えて、YESが返ってきたら実際に終わります。

もしNOが返ってくるか、反応がよくない時は、聞き忘れていることがあるかもしれません。質問して探ってみましょう。

ダウジングのコツ

ダウジングは、ダウザーの主観によって結果が歪みます。心を静めて主観を交えずに問うことが大切です。

多種多様な意見を受け入れられる度量がある方や、普段から瞑想をして心を掃除している方であれば、主観は混ざりにくいでしょう。

もし回答がおかしいと感じる場合は、主観が混ざっていないか振り返ってください。

また、ダウジングは継続することが大切です。最初の頃はリンカーが伝えたいことをうまく解釈できず、自信をなくすこともあるかもしれません。

それでも続けていれば、普通に会話しているように意味を汲み取れるようになってきます。

とはいえあまり長時間すると疲れます。会話が成り立ちはじめると本当に楽しいのですが、疲れてきたらすぐにやめましょう。

さいごに

ダウジングは危険だと意見する方もいらっしゃいます。確かにそういう面もあります。

取り憑かれたように使い続けたり、何でも訊きすぎて依存してしまったりするなら、ダウザーは不利益を被るからです。

しかし一方で、ダウジングはとても有用なコミュニケーション方法です。

相談したい時。背中を押してほしい時。ただ話を聞いてもらって「そうだよね」「そんなことないよ」と返事をしてもらいたい時。

ペンデュラムを手に取り、心を静めて問いかければ、あなたを守る霊的存在とすぐに繋がれるのですから。

ダウジングはルールを決めて慎重に行えば安全です。このサイトの記事を参考にしながら、ご自身のペースで続けていただければと思います。