ダウジングの危険性

ダウジングは霊的存在とのコミュニケーションに適した方法です。しかし便利な一方で、さまざまな危険性があります。

ここではダウジングを安全に続けていただくために、危険性についてお話しします。

依存的になる

ダウジングでは霊的存在になんでも尋ねることができます。家庭、恋愛、商売、人生…。加えて、占い業界でタブーとされていることでさえ「尋ねる」ことだけはできます。

また、ペンデュラムさえあればいつでも尋ねることができます。場所も問いません。

いつでも、どこでも、なんでも訊ける。これらのことから、ダウザーはダウジングに依存することがあります。

何時間でもペンデュラムを回し続け、食べる時間さえ惜しむ。そういう人も存在するのです。

依存への対策

ダウジングに依存することへの対策は、以下の通りです。

  • 使用時間を決める
  • 使用する条件を決める
  • 細かいことは自分で考える

まずは、1日にどのくらい使用してもよいか決めましょう。時間帯も決めることをおすすめします。

たとえば深夜は、太陽が出ている時間帯よりも変なものが寄ってきます。夜9時以降は回さないなど、ご自身の生活スタイルにあわせて設定してください。

その他の使用条件も決めましょう。たとえば、疲れを感じたらすぐにやめる。振り子が重く感じたらやめるなど。

そして、細かいことまでいちいち尋ねないようにすることも大切です。家族や友人に相談するほどでもないことは、大抵、ダウジングで尋ねるほどのことではありません。

思考力が落ちる

ダウジングの便利さに味を占めると、自分で考えることをさぼる人も出てきます。

すると考える力がどんどん落ちてきます。自分では考えているつもりでも、上っ面の浅い考え方しかできないようになるでしょう。「思考面で依存的になる」と表現することもできますね。

人生において重要な決断の際に、ダウジングで「意見を伺う」ことは賛成です。

しかし、必ず自分で考えて結論を出してください。その結論がダウジングの結果と異なっていても構いません。

ハナ
ダウザーには、相手の意見に従う義務はありません。盲信しないようにしましょうね。

思考停止の対策

思考停止への対策は、以下の通りです。

  • さきに自分で考える
  • あとで自分で考える
  • 決断は自己責任で出す

ダウジングで意見を伺う前に、まず自分で考えましょう。

ダウジングで回答された後も、しっかり自分で考えてください。回答はあくまで参考にするのです。

最後に、決断は自分の責任で行ってください。

たとえばあなたが友人に相談するとして、友人の助言に従って失敗した時、友人を責めるのは筋違いですよね。従うことを決めたのはあなただからです。

低級霊と繋がる

ダウジングをしていると、低級霊と繋がることがあります。

その理由は簡単。ダウザーが低級霊と似た波動を出しているからです。

ダウジングに依存したり、欲が出たり、思考を放棄したりすると、間違いなく波動が下がります。

そして低級霊は、自分と似た波動を放つ人間に引き寄せられていきます。

怠惰な人にはタヌキ型の低級霊、嫉妬深い人にはヘビ型の低級霊、泥酔した人には酒好きの低級霊がよってくるように。

高級霊がいれば低級霊を追い払ってくれるのでは?と思うかもしれません。

しかし、あまりにも人間の波動が下がると、人間自身があちら側にふらふらと離れていって、同化してしまうのです。

追い払っても自分からついていってしまうなら、どうしようもありませんよね。

低級霊の対策

低級霊への対策は、以下の通りです。

  • 質問内容をよく考える
  • 感情を整えてからダウジングする
  • 深夜にダウジングをしない

ダウジングで「あの人を蹴落とすにはどの方法がおすすめですか?」なんて占っている人は、確実に波動が落ちます。質問内容には気をつけましょう。

また、感情をきちんとケアしてからダウジングしましょう。瞑想をする、気持ちを紙に書き出すなどの方法がおすすめです。

負の感情全開でダウジングをしていると、低級霊がどんどん吸引されてきます。まわりには低級霊だらけになるかもしれません。

深夜のダウジングはやめましょう。光がなく暗い時間帯は、人間の気分も落ち込みがちですし、そういう人を狙って低級霊が活発に動き回るからです。

解釈を間違える

ダウジングはYESかNOしか答えが出ないと思っている人は、少なくないでしょう。

しかし実際には、何十通りもの答えがあります。「わからない」「おそらくそうである」「ちょっと待って」「絶対にやめて」など。

ペンデュラムの微妙な動きで、霊的存在はさまざまな意思を伝えようとするのです。

となると、相手が何を伝えたいのかミスリードする可能性もあります。せっかくあちらが有益な答えを用意してくれていても、ダウザーが解釈を間違えてしまうということです。

解釈違いへの対策

ダウジングの解釈を間違えることへの対策方法は、以下の通りです。

  • 振り子の動きに明確なルールを作る
  • すぐに判断しない
  • 答えが曖昧なら「たぶん」をつける

振り子の動きに、YESとNOだけではない動きのルールを作りましょう。

振り子が動き始めたら、すぐに判断を下さずに少し様子を見てみてください。小さく右回りをしていたと思ったら、「やっぱりちがう」と言わんばかりに左に大きく動き始めることもあります。

霊的存在にもわからないことがあります。わからないなりに答えを出そうとする者もいます。

私たちも、関西の人は「〇〇じゃないの?知らんけど」と言いますよね。知らないなりに意見を述べているわけです。

振り子の動きが斜めだったり、小さかったりしたら、「たぶん」「おそらく」というニュアンスがあるのかもしれません。自信100%ではないことを理解しておきましょう。

誤答が存在する

ダウジングで繋がる霊的存在は、高級霊であろうと神霊であろうと、全知全能の唯一神ではありません。間違うことはあります。

とても個人的な質問ならやや的中率は高いでしょう。しかし、たとえば未来予知の質問は的中率が低くなります。

また、この宇宙にはバグやランダム性があります。回答した時点では正解でも、あとあと誤答になってしまうこともあるのです。

誤答への対策

  • 未来予知は参考程度に
  • 間違っている可能性を頭に入れておく
  • 質問の仕方に気をつける

「未来予知は当たらない可能性が高い」と思ってください。むしろ聞かなくてもよい分野の質問です。

未来予知に限らず、どんな答えでも間違っているかもしれないという意識を1%だけでも持っていてください。

なお、質問の仕方がよくなくて誤答されることもあります。質問が曖昧で、相手に勘違いさせていないか注意しましょう。

さいごに

自動車はとても便利で、とても危ない乗り物です。同様に、ダウジングはとても便利で、とても危ない手法です。

危ないからといって使わないのではなく、その危険性に対策を立ててうまく活用することを、私は推奨しています。そのためにこの記事を書きました。

対策を立てたり、ルールを守ったりできない人はダウジングをしてはいけません。しかしそれができる人には、ぜひダウジングを続けていただきたいと思っています。