ダウジングと相手の気持ち

もし恋人や好きな人がいるなら、ダウジングで相手の気持ちを知りたいと思うのは自然なことです。

しかしちょっと待ってください。ダウジングでわかる相手の気持ちを占うことは、あまりおすすめできません。

ここでその理由をお話ししましょう。

気持ちを占うということ

相手の気持ちを占うことには、以下の3つの危険性があります。

  • 誤答する可能性
  • 確認のむずかしさ
  • 気持ちの移ろい

それぞれ解説します。

誤答する可能性

ダウジングは、ダウザーの感情が強いほど回答が歪められます。本当は左回りなのに、ダウザーが右回りにしてしまうこともよくあります。

特にデリケートな「相手の気持ち」を尋ねるにあたって、ダウザーはどれほど心を鎮められるでしょうか。

ダウジングで相手の気持ちを知ろうとする時点で、切羽詰まっている人は少なくないかと思います。

「もしかして私を好きではないのでは…」「やっぱり嫌われているのでは…」

そんなふうに思いながらダウジングをすれば、回答は間違いなく歪みます。

さらに危険なのが、結果を確かめるのがむずかしいことです。

確認のむずかしさ

ダウジングの答えは常に100%正しいわけではありませんから、できるだけ自分で確かめることが求められます。

しかし相手の気持ちとなると、確かめるのは至難の業です。

たとえば「私のこと好き?」と聞いたとして、たいていの彼氏彼女は肯定するからです。本当はどう思っていようと。

ならば普段の言動や行動から気持ちを推測すればよいのですが、それができればダウジングしませんよね。

気持ちの移ろい

人間の気持ちは簡単に変わります。

ダウザーに対する「相手の気持ち」は、もしかしたら数日で高まるかもしれませんし、その翌日に冷めるかもしれません。

私たちも曇りの日が続くだけで気分が落ち込んで、何もかもいやになる時があるでしょう。

女性はホルモンバランスの変動によって、普段は温厚な人でさえ、大好きな彼氏や夫にやつあたりすることがあります。

自分の恋人や、家族や、ペットへの思いも、常に一定ではありません。

私たちの気持ちは、私たちが思っている以上にあっけなく移ろうのです。

そんな不安定なものをダウジングで占っていると、一喜一憂して、心が疲れてしまうかもしれません。

気持ちを占うなら

他者の気持ちを知りたいなら、まずは自分の気持ちを知りましょう。

ダウジングで、「私は彼を〇〇だと思っている?」「私は父を〇〇だと思っている?」など、尋ねてみるのです。

自分のことなのであとできちんと確認ができますし、自分の本当の気持ちに気がつけるかもしれません。

自分の気持ちに気がつけないで、相手の気持ちばかり気にしている人は、案外多いもの。

面倒くさがらずやってみてください。相手との関係を見直して改善するきっかけになるでしょう。

さいごに

ダウジングはいつでもどこでも、なんでも尋ねられるので、不確かなことを何度も尋ねてしまう人もいます。

これは恋人に「私のこと好き?」とLINEで何度も尋ねたり、占い師に「彼女は私のことが好きですか?」と何度も尋ねたりする人と同じ心理です。

実際に恋人に疎ましがられたり、占い師への出費が重なったりするよりはマシかもしれません。

それでも、ダウジングに依存するとしんどい思いをします。

自分の心を守るために、ダウジングに尋ねてもよいこと、尋ねても問題ない回数は、よく意識してください。