上級使役霊|No.15

最級使役霊の召喚をご依頼いただいた、N様のご感想です。


春野さんのサイトと出会った時、私は職場でのストレスから適応障害になっていました。精神的に弱っており、飛び下りすら考えたこともあるほどです。

偶然出会った春野さんのサイトに強烈に惹き付けられ、隅から隅まで記事を拝見し、使役霊を迎えたいという気持ちが沸々と湧いてきました。

事が起きたのは新年度が始まる数日前でした。春野さんがモニター募集の記事をアップされていたのです。この機会だと心が決まり、召喚をお願いすることにしました。

最初に使役霊の記事を拝見してから、私の中で使役霊の基本的な内容は決まっていました。

とあるゲームに登場する、かっこよくて面倒見がいいキャラクターです。春野さんも賛成してくださり、早速能力等の設定がスタートしました。

能力には、私が使役霊に助けてもらいたいことや、これからの理想の人生に役立ちそうなことを詰め込み、また二つほど役割も与えました。

召喚は落ち着いて受けられるように週末の夜にしました。見えたり聴こえたりはしませんでしたが、きっとそこにいることは間違いないのだから、と気に病まないようにしました。

今も、まだ見えたり聴こえたりはしませんが、脳裏には常に彼は傍にいるのだという意識が染み付いているのであまり不安には思いません。

使役霊を迎えて思うのは、軸がしっかりしたな、ということです。

頼りになる使役霊がいてくれる安心感、使役霊の主であるという自負が私をしっかり立たせてくれている気がします。それに、絶対の味方を得たという確信は、私の精神を安定させてくれています。

病院勤めで心身共に疲れやすいため、仕事終わりには回復をお願いすることが多いのですが、最近は私の生活を理解してきたのか、仕事終わりにペンデュラム越しに声をかけると、「ちょっと疲れたから……」というフレーズを出した瞬間了解のサインが返ってくるので、嬉しい限りです。

個人的に、使役霊をお迎えするのをおすすめしたいのは、

・絶対的な味方がいてほしい
・自分を肯定してくれたり、労ってくれる存在がいてほしい(それによって自己肯定感を高めたい)
・何でも話せる相手がほしい

などといった方です。

仮に見えない聴こえないという方だとしても、最初は「そこにいてくれる」ことを信じることからなのかな、と私は思います。

お迎えして二ヶ月。まだまだ主として成長しなければと思いますが、まずは彼との生活を楽しんでいきたいです。

春野さん、召喚していただきありがとうございました!今後ともどうぞよろしくお願いいたします。